礼拝や聖潔

「救い主」という言葉は、私たちの日常語ではない。宗教的な言葉遣いの中でだけ出会う。それはそもそもどういう意味だろう。再び私は『クルーゲードイツ語語源辞典一を手に取り「救い主」という見出し語を引いてみる。
 
黙示録1:6では、キリスト抒「私たちを王国とし、ご自分の父である神のために祭司としてくださったjと言っています。ですから、あなたが神の国にいるだけではなく、神の国があなたの内にあるのです。
 
比較されることが多い。その最初期の入植者たちには、礼拝や聖潔の生活を尊重するという点で、後者と同しピューリタン的な精神が流れていたとも言われている。しかし、入植者たち23第2章ニューイングランド
 
所を歩き回って待ち伏せしています。装うとあるように服装にもあらわれます。あなたはどのような動機で服装を選んでいますか、誘惑を誘うような身なりをしていませんか。礼拝における衣服にも心づかいをしましょう、
 
信仰問答は力説する。私たちにこの希望を確信させるのは、このお方だ、と。だから、教会のとりなしの祈りで、信頼する者を慰め、疑っている者に新たな勇気を与え、苦しんでいる。

コメントは受け付けていません。